名前のない愛でもいい






たしかに一時代を築いていた『火曜サスペンス劇場』通称『火サス』
特にお気に入りだったのが【弁護士・高林鮎子シリーズ】と【監察医・室生亜希子シリーズ】
もう欠かさず見てましたね。鮎ちゃん、ほんとスキだった。室生センセイもかっこよかったなあ。
あと、【小京都ミステリー】もそうだけど、【刑事鬼貫八郎】や【女検事・霞夕子】もおもしろかった。

同じ2時間ミステリーでも『土曜ワイド劇場』とはやっぱり似て非なるところがあって、例えるとジャスコとアピタみたいな感じだったかな。(どちらがジャスコでどちらがアピタかはご想像にお任せ)
もちろん『土曜ワイド』もファンで、怪しさ全開の【江戸川乱歩シリーズ】をはじめ【家政婦は見たシリーズ】や【西村京太郎トラベルミステリー】【法医学教室の事件ファイル】それに【混浴露天風呂シリーズ】なんてものあった。【赤かぶ検事奮戦記】や【京都殺人案内】も好きだったなあ、、、(遠い目)

もとい
また火サスはコロコロと変わっていく主題歌の豊富さも魅力のひとつで、「聖母たちのララバイ」をはじめ「告白」「あなたの海になりたい」「ごめんね…」「哀しい人」などなど、良い曲がたくさんあった。
そんな名曲ぞろいのなかでもわたしはこの「名前のない愛でもいい」がいちばん好き。

なんでも、火サスのオープニングテーマばかりで構成されたアルバムも存在するそうな!
こりゃ聴いてみたいですね♪♪♪





P.S いろいろとご心配をいただいた方、ありがとうございます。おかげさまでこちらは無事です。

Posted by K@zumi

ロビンソン【山形弁カバー】





フツウにかわいくて
フツウに歌がでらうまくて
山形弁でもフツウに違和感なし

すげえ

彼女、民謡日本一なんだそうですが、とにかく声がすばらしく透明感があって美しいですね。
邪心が飛んできそう。

切なくも美しいメロディにのせた、伸びのある爽やかで愛らしい歌声。
こんな風に歌ってもらえると、『ロビンソン』も喜んでると思いますよ。マジで。



マサムネさんの歌詞はなにかと難解で、意味がよくわかんないという処が魅力といえば魅力なわけで。
それは受け取る側が自由に解釈して想像の羽を広げれば良いことなのだろうと思っています。

で、この『ロビンソン』なのですがわたし的解釈ではこの歌は


『 変態ストーカーラブソング 』という位置づけになってます。


もうね、かわいい「君」は「僕」の妄想のなかでの恋人

おそらく彼女は「僕」の名前すら知らないと思います。

そんなある日、そのダイスキな彼女が死んでしまうんですよ。(おそらく事故)

彼女を一途に(変質的に?)想っていた(話しかけることもなく手紙を渡すわけでもなく

常に物陰からじっと見つめてるとか、毎日学校帰りの後をつけたり待ち伏せたり

ありとあらゆる彼女の痕跡を執拗に追いかけるとか気持ちわるいこといろいろ)

かがやく太陽を失い、空っぽになった「僕」の心は悲しみのあまり壊れてしまうんですよねえ。

で、自分の妄想の中に死んだ彼女を生かしてそこに二人だけの国を作っちゃうんです。

寂しさを取り消すため、世界を再生させるため、

というか、彼女がこの世から消えたからこそ誰にも邪魔されない甘美なシアワセというか

そんなくらくらした妄想の小さな箱のなかで、ようやくほんとうの恋人同士になれた

優しい笑顔の「君」と共に、自分でこしらえた二人のストーリーに酔いながら

終わりのない明日を生きていくんでしょうかねえ。冷たい部屋の片隅で



と勝手に…(・∀・)

Posted by K@zumi

限界突破×サバイバー





すこし前から世間をざわつかせている氷川くんのMV。

男性がこれだけ妖艶でお美しいと同世代の女は立つ瀬がなかろうと思います。
演歌もポップスもロックも、またビジュアル的にもまさに七変化で最近の氷川きよしはひと皮むけてますね。
20代のころから中高年、あるいは高齢のお姉さま方から熱い視線と黄色い声援を浴び続けていた演歌界のプリンスが、「ついに覚醒した!」なんて云われたりもしています。
彼、才能もそうだけどかわいいですからね。イイ子そうだし。
わたしもこんな息子(13才違いだけど…汗)が欲しいと思ったことありますわ。

いつだったか(12、3年位まえか?)お昼休みに職場の先輩とテレビで氷川くんを一生懸命応援している年配女性(70代くらいだったと思う)の姿を感慨深げに眺めながら「やっぱり、アレですかね。もう孫みたいな感じで純粋にかわいいんですかね~」なんてしみじみと云ったらば彼女に、

『 いや、あの人たちは 本気 よ 』

と妙にキッパリと断言されて、「そうなんだ、、、」と心の奥の方にガツンと響いた記憶があります。
恋するって大事よね、いくつになっても。

不惑を超えてどんどん進化していく氷川きよしにエールを送ると共に、あの突き刺すような張りのある甘い声でぜひスピッツの『スターゲイザー』か『ロビンソン』を唄っていただきたいと切に希望いたしますです。
(結局ソコ?)

Posted by K@zumi

ご無沙汰です

かれこれ一年近く更新を放ったらかしにしていました。
その間に身体を壊したり、そのせいで仕事を変わったり、孫ができたりスマホデビューしたりとなんやかやあったりでまったくと云っていいほど本も読めなかったし(読まなかったりか?)でわらわらしてたのですが、ようやく環境も落ち着いて余裕も生まれてきたのでまたぼちぼちと更新もしていこうかなと思ってます。

悲しいこととしては、長年お世話になり、また楽しませていただいていた『flickr』のサービスが受けられなくなったということ。
厳密にいうと受けられるんだけど制約が多くて気楽にアップがしにくくなってしまったことがあります。
これもずいぶんとアップロードをさぼっていたせいもあって、いったいいつからそんな風になってしまったのか分かんなくて、気が付いたら制約がかかってたってことになります。やれやれ。
代替として『PHOTOHITO』という写真SNSサービスに登録をいたしまして、こちらの方でほそぼそとアップしていこうかな、って考えてます。

写真に関しては体調不良とか云いつつもそれなりにがんばっていまして、昨年の地元の市民美術展覧会で【岡田文化財団賞】をいただきました。副賞として金5万円(デカい!!)いただきました。
しかしまあ、家族一同で何度か食事に入ったり洋服を買ったりなどして「あっ」という間になくなってしまいましたが、、、(汗)
それと、2018年度伊賀上野天神祭フォトコンテストで【優秀賞】をいただきました。こちらは副賞3千円とちょいとショボかったのですが……(をぃ)

そんなこんなで写真に関しては当たり年でありました。良かったです。

Posted by K@zumi

いざゆけ若鷹軍団






ただの、ただのホークス応援歌なのに、


なんでこんなに切ないんだー!!。゚(゚´Д`゚)゚。


もうこれ以上、ハートもってくのやめてね。お願い。


Posted by K@zumi

untitled

かれこれ半月ぶりくらいにパソコンを立ち上げたら、プラグインの無効やらアップデートやらでなんかメンドクサイことになっていてちょっとうんざり。
ipadを購入してからは、たいていのことはこれでまかなえるので、よっぽどでない限りPCなんて立ち上げなくてイイわと思っていたけど、なんか放って置いたらそれはそれで煩わしい作業が増えるので、やっぱり二日に一度くらいは立ち上げようかしらん。

先日の寒波が夢だったみたいに暖かい日がつづいています。
このまま順調に春になってくれればイイけど、そうはうまくいかんやろね。
でもまあそろそろ梅もほころんできたし、また「鈴鹿の森庭園」に行かなくちゃ!

Posted by K@zumi

ミラクルちゅーんず

こりゃまたスゴい記事が、、、

『 三池崇史が女児向け特撮シリーズの総監督に!新たなる挑戦に反響続々! 』




あの、あの、あの 三池監督女児向け 特撮テレビシリーズ

「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」

総監督・監督 を務めるとなっ!?


嗚呼、三池さん、ついにこのジャンルにまで……
節操のなさ加減がハンパない♪♪♪(スキ)

Posted by K@zumi

untitled

昨日は旦那さんのおともで名古屋まで。
(ほんとうに今日じゃなくて良かった!と今朝のカチカチの道路を見ておもう)
帰りがけにビックカメラでipadを購入。念願だったのでとてもうれしい。

タブレットを新調するのは約5年ぶりで、以前のはandroidだったからちょっとドキドキ。
まだ開けてないケド(゚∀゚)

謹賀新年

バタバタと12月が終わり、新年ももう三日となりがく然とする今日この頃。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年は夫の定年退職、娘の結婚と、何かと転機の年でもありました。
今年はというと春にいよいよ実家への引っ越しを控えております。
ああ、憂うつ(引っ越し作業がね)

あと夫が会社から退職祝いにJTBの旅行券(10万円分!)をいただいたので、
それで小旅行(セコク2回くらいに分けて)しようかな、っと思ってます。

今年もどうぞよろしくお願いします。





nenga1.jpg


Posted by K@zumi

今日はミステリ記念日

なぜならポーの命日なんだそう。

悩みに悩んだあげく、結局「カドカワ半額まつり」にて15冊をお買い上げ♪♪♪
にもかかわらず図書館で5冊借りてくるって、アタマがちょっと壊れ気味。

読メに参加してからというもの、みなさんのすさまじい読了数を目の当たりにして、こっちのモチベーションも上がる!上がる!だだ上がり!!
別に競っているわけではないんだけど(てか刃向えるわけもない。なんてったって月20~30冊平均のツワモノ揃いなんだもの)、もう読みたい本が目白押しで気ばかりが焦っちゃう。
これでは読書を楽しむどころじゃないかもしんないなあ。とは思いつつも次から次へと新たな興味がわく、この幸福感はなんと云いあらわせばいいのだろう。

今まではちょっと苦手意識があってほとんど手付かずだった海外ミステリでさえも、魅力的な感想を読んでいると、なんか挑戦したい気持ちがふつふつと湧いてきた。

実はそろそろ写真も撮りに行きたいと思ってるんだけど、今週末も雨みたいだしなあ。
やっぱり読者三昧か?(*´ω`)

Posted by K@zumi