スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ Blu-ray
KADOKAWA / 角川書店 (2014-10-24)
売り上げランキング: 288

その朝、ジェリーと妻と2人の娘を載せた車は渋滞にはまっていた。何かただならぬ異変を感じた次の瞬間、背後からトラックが猛スピードで突進。必死で家族を守り逃げ出すが、気付けば全世界では人間を狂暴化する“謎のウイルス”の感染者が爆発的に増加し、大混乱に陥っていた。元国連捜査官のジェリーにも事態を収束させるべく任務が下り…。ブラッド・ピット主演、平穏な朝が突如地獄へ変わる大パニックを描くアクション超大作!


地上波にて

CMごとに幾分カットされているのと、ちょうど中盤辺りでじゃっかんの邪魔がはいったのとでしっかり鑑賞することはできなかったのだけれど、とりあえずの第一印象としては

あんな身体能力の優れたゾンビはイヤだ!

つうか、感染したとたん身体能力が異常にアップするなんて、マッドなアスリート(やトレーナー)がドーピングに使用する可能性があるかもしれないぞ。(ない)
ヤツらは別に人間の肉を喰らうために襲っているわけではなさそうで、ガブっと噛んで感染させたらハイ終わりって感じでいったい何がしたいのかよく判らない“Z”くんたちなのだ。

しかも感染してから発症するまでほんの数分とかからない。短ッ!!
せっかく主人公たちを助けてくれた異国人の夫婦が、感染して襲いかかってきて彼らの息子の目の前でアタマ撃ちぬかれてしまって、その衝撃に対する少年のトラウマのケアもくそもないこの非情な演出よ。
おまけに新進気鋭なウイルス学者のアノ信じられないくらいの秒殺も、あまりといえばあまりな仕打ち。
また、噛まれた箇所を瞬時に切り落としたらぎりぎりセーフというのも新しい発想だ。(3秒ルールか)
音に敏感でたちまち攻撃態勢に入るところは『ディセント』の地底人なみ。(目は見えるっぽいが)

見所のひとつである“Z”たちが人間ピラミッドみたいなものを作りながら高い城壁をよじ登っていく大混乱なシーンはとにかくすごい迫力で、ついにヤツらが壁を乗り越えてあたりを阿鼻叫喚に陥れるさまはアノ『進撃の巨人』のワンシーンをほうふつ(『進撃の巨人』知らないんであくまでもCMからのイメージ)
やーもーこのあたりはほんとうに圧巻の光景で、ぜひとも大スクリーンで鑑賞したかったところ。
エキストラさんの数もハンパないし、みんな体操選手みたいに俊敏だし、あれ特撮なのかなあ。じゃなかったとしたらほんまスゴい。
てか、なんで音に反応することを判っていながら――ヘリも飛ばして監視もしながら――あの状態になるまで誰もなんの処置もとらなかったのかフシギでならない。まあええけど。

とにかくビラピが逃げる、逃げる、ひたすら逃げ回る!
そして恐るべき幸運でもって次々とステージをクリアしていく。(主人公だからイイのか)
空気読めない(まあ読みようもないが)奥さんがお約束の場面で携帯鳴らすとか、もー常套すぎっ!
「携帯電話の電源はお切りください~」のアメリカンジョークがいかにもという感じで安心する。
アメリカ人(に限らないが)のいっけん不謹慎とも思える、こんな――生命の危機が迫るような――場面でのジョークが非日常から日常をとり戻す貴重な行為であるとやっぱり痛感するな。
わたしもいちばん悲惨な状況の時に気の利いた冗談をさらりと云える人間になってみたいと思う。

スポンサーサイト
Posted by K@zumi

K-20 怪人二十面相・伝

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-06-24)
売り上げランキング: 65,826

舞台は、1949年――架空都市≪帝都≫。
19世紀から続く華族制度により貧富が二極化する帝都。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまうK-20と呼ばれる≪怪人二十面相≫の出現が世間を騒がせていた。主人公は怪人二十面相に騙され、二十面相に仕立て上げられたサーカスの曲芸師・平吉。彼が、類前なる身体能力と頭脳を武器に、二十面相に狙われた令嬢・羽柴葉子と、その婚約者であり探偵の明智小五郎と共に、二十面相との戦いを決意する。


けっこう。けっこう、楽しみにしてたのです。
なんてったって怪人二十面相ですよ?昭和の名探偵:明智小五郎ですよ?
小学生のころポプラ社の江戸川乱歩シリーズを胸をときめかせながら図書館の棚の端から順にかたっぱしから読みまくってた輩にとっては、こころ踊らないわけがないじゃあありませんか!

よくできたダークでレトロなセットに大掛かりな特撮(VFXぽくなくあくまでもチープな感じがグー)
お約束の登場人物にアクション満載のご都合主義的な展開。そしてあちこちにかまされるゆる~い失笑系ギャグ。キライじゃないですよ、もちろん。
特にヒロイン役の松たか子姫はすごくかわいくて屈託がなくて良かったですねー。
浪越警部はいかにもだし、小林少年はこざかしいし、ちょっと間抜けなお役人たちとか、なつかしい痛快冒険活劇チックでおいしい設定の数々。 個人的には冒頭ほんのワンシーンだけ登場したサーカス団団長(小日向文世さん)のその後の行方がたいへん気がかりですが。
とってもいい人で体の調子もわるそうだったけど、あのあと一体どうなっちゃったんだろう。
あんだけ世話んなってたのに主人公も鳩の心配ばかりで誰もまったく気にしてないけど、、、

そしてラスト。
ここで実に意外な真相(ユニークな解釈)が明かされるのですが、正直、ほんとうに正直思うのは、

『 この話って別に二十面相、関係なくね? 』
『 つか、フツウに怪傑ゾロ:帝都版でよくね? 』


とゆうこと。

いやあ。とにもかくにも、國村隼さんがやっぱりかっこええなあ。あんな高島礼子さんみたく美人さんを嫁にもらっててもまったく違和感ないよなあ。 とゆうことをしみじみと確認したのでありました。
うーん、それにしても団長。気になる…。

Posted by K@zumi

ゴーストライダー

ゴーストライダー エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2010-05-26)
売り上げランキング: 28,979

『スパイダーマン』のマーベル・コミック原作作品を、ニコラス・ケイジ主演で映画化!
病気の父を救うため、悪魔メフィストに魂を売り渡してしまったジョニー。メフィストは、自分に逆らい新しい地獄を作ろうとする魔界の反逆者ブラックハートを阻止するため、“ゴーストライダー”を差し向ける。そのゴーストライダーこそジョニーだった。彼は炎を吹きあげるヘルバイクに乗って、悪魔たちとの壮絶な戦いに挑んでいく…。


不気味に笑う半裸ヒーロー"黄金バット"もまっ青の、ハードな革ジャンを身にまとい炎のバイクでやってくる地獄の"燃える骸骨ヒーロー"登場す!ああ、すてき。

そんなとってもイケてるバイク野郎を、ちょっと残念なルックスのニコラス(個人的にはですよ)が無駄にかっこよく演じるとゆうハードボイルドなアクションムービー。
それにあの髪型。どう考えてもヅラだろう。
モト冬樹さんの『ヅラ刑事』に負けないくらいのインパクトなのだ。そのあたりもぜひ確認したいところ。

この作品には(なんとなく想像だけで違っているかもしれないし、違っていたらちょっとショックなんだけど)J.カーペンタースピリッツを感じるんですよ。
ふざけたアメコミを大の大人が一生懸命おおまじめで撮ってるよ、って感じがなにより好感度大でアル。

Posted by K@zumi

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-11-07)
売り上げランキング: 7,889

ハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャー。今回は米ソ冷戦下の1950年代を舞台に、インディが宇宙の神秘を解く力を持つ秘宝をめぐって熾烈な争奪戦を繰り広げる。


こちらは劇場で鑑賞しました。
当時公開されていた『ザ・マジックアワー』とずいぶん悩んだんですけども。
まあこれ(マジックアワー)はね、たぶんTVのブラウン管サイズで見てもじゅうぶんおもしろいだろうと思うし、やっぱり迫力あふれるアドベンチャー作品こそ大スクリーンと大音響で鑑賞しなくては。
だいたい、劇場からせつなくこの胸を焦がすように郷愁たっぷりで流れだしてくる、あの軽快なテーマミュージックを聴いて心躍らない者が果たしているだろうか!?いや、いない!
ちうことでハリソンの大人の魅力にばっさりあっさり負けてしまったのでありました。

でもこれが正解。
ド派手で痛快な超一級お祭り映画らしくとてもテンポよく分かりやすい脚本で、ハラハラドキドキしながらも様式美をこよなく愛するわたしには時間も忘れるくらいものすごく楽しめたのでた。

ニヒルでキュートな笑顔が胸きゅんのハリソン・フォードは、さすがにスタントを使っているところもあったけれど、でもキレのいい身のこなしとアクションでとても65歳とは思えない最高級のかっこよさでした。
はあー。ホレ直すわー。
ちょっとブンガク的な不良中年。とゆうのが幼い頃からのわたしの憧れの男性像で、椎名さんしかりインディしかりで、個人的にはものすごくツボなキャラクターなんですよね。

お久しぶりのカレン・アレンはすっかりおばちゃんになっていたけれど、くりくりとした愛らしい瞳は健在。
相変わらずの勝ち気なところもちょぴっと丸っこくなったバディもとってもチャーミングでしたよ。
なにより1作目からのファンにはサービス満点の展開になったんじゃないかな。かわいいエンディングもすてきだった。

そしてソ連の軍人(工作員?)でクールな悪女役、ケイト・ブランシェットもぞくぞくするくらい美しくて素敵。
女優さんの使い方ではサム・ライミ監督にもいろんな意味でひけを取らないスピルバーグ監督ですが、彼女の起用はほんとうにナイスでした。すばらしい。

もちろん、あのネタには賛否両論あるとは思うけれど(インディ・ジョーンズにアレはあかんやろー。とかね)、個人的にはさほどそのことが問題になるとは感じませんでした。歴史的事実云々であるとかそうゆう細かいこといいかけたらきりがないし、これはある意味憧れを捨てきれない少年時代の夢のような冒険活劇なんだからいいじゃん!『未知との遭遇』だってスピルバーグが作ったんだし!と単純なわたしは思うのであります。
つまりとおおおってもおもしろかったってこと。

映画は"ムー大陸の不思議な力によって動く勇者ライディーン"で、いいのですよ。たぶん。
あんまりいろいろむつかしく考えすぎずに、「ンな、あほなー!」ってことも含めて素直にストーリーと映像にどっぷり身を任せられるのがいちばん楽しいんじゃないかな。と思います。

Posted by K@zumi

コンスタンティン

コンスタンティン [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 6,244

この世には、悪魔や天使が宿った人間が生息しており、私立探偵のジョン・コンスタンティンは、彼らを見分けることができる。死後、自分が地獄へ送られる運命にあると知った彼は、悪魔を倒すことで、天国に行こうと目論むのだった。そんなジョンのもとに、双子の姉妹を亡くした刑事アンジェラが現れ…。
アメコミ「ヘルブレイザー」を原作に、キアヌ・リーブスが、『マトリックス』に続いて救世主的なヒーローを演じる、ホラーテイストのアクション。


うきうきしながら息をのんで『コンスタンティン』をみる。
美しいキアヌによるキアヌのためのキアヌ以外に考えられない作品。
もうあなたは存在してくれているだけでいいとさえ思えるほど何もかもが神さまの手によって丁寧につくりこまれあらゆる女神たちにふかく愛されたかのような繊細ではかなく透明できれいな人。誉めすぎ。

ほんとうは『発狂する唇』か『宇宙からのメッセージ』を借りるつもりで、そしてあの不朽の名作『クリープショー』をまだ子どもらに見せていないのは親として失格だわ!とまで思ってはりきってレンタルショップにいくが、探せど探せどどれもこれもまったくないっ!!
その代わりに『コンスタンティン』を借りたんだけど、ああでもそんなこと云っちゃ美しいキアヌにあまりにも失礼だわ、、、

本来ヒーローであるはずのコンスタンティンは肺ガンで余命1年と宣告されてもタバコをすいまくり酒をのみまくりあげくに神をガキ呼ばわりしてはサタンにさえ毒づく。 彼が悪魔祓いをするのは世界の均衡を保つためなんかじゃなくてただ自分が天国へ行きたいがための点数稼ぎというところがちゃっかりしてていい。

少しねたばれになっちゃうかもしれないけど、ラスト自己犠牲によってめでたく天国に召されることをゆるされたジョンがまばゆいほどの神々しい光を全身にあび天使のように清らかで安らかな表情をうかべながら、ルシファーに向かって静かにそしてさり気なく中指をおっ立てるシーンはひたすら痛快で美しくどこまでもかっこよかった!
この強烈な異空間というか世界観とみごとなCGはやっぱり劇場で堪能したかったかな。

Posted by K@zumi

IZO

IZO [DVD]
IZO [DVD]
posted with amazlet at 16.01.06
ケイエスエス (2004-12-22)
売り上げランキング: 159,552

三池崇史監督が超豪華出演陣を迎えた衝撃的なアクション。
幕末に人々から恐れられた“人斬り以蔵”こと岡田以蔵。彼の怨念が時空を越えて現代のホームレスに乗り移り、立ちはだかる人間たちを次々と斬っていく。


人斬り以蔵の怨念が時空を超えて現代によみがえり、官僚や政治家ややくざや僧侶やその他の偽善者たちを、ばっさばっさと斬りまくるバイオレンス映画。
さすが三池監督だけあって、血糊の量もはんぱじゃないし、暴力描写もすさまじい。

なのに、夢のようにうつくしく咲き乱れるコスモスたちが心に深い傷と闇をかかえ、うつろな瞳をしてあてもなくゆらゆらとさまよう以蔵をみて
『 問いかければ答えてくれる。なんて幻想に取り憑かれてるのよ。かわいそうにねえ 』
『 わたしたちみたいに、ただ咲いていれば楽しいのにねえ 』
と笑われるシーンなど、おびただしい血と殺戮にまみれながらも全体的にうける印象は例えようもなく儚く、そして悲しい。

キャストも信じられないくらいの超豪華!桃井かおりさん、松田龍平さん、美木良介さん、石橋蓮治さん、長門裕之さん、松方弘樹さん、緒方拳さん、大滝秀治さん、内田裕也さん、樹木希林さん、岡田真澄さん、片岡鶴太郎さん、ビートたけしさん、原田芳雄さん、ボブ・サップ、ミッチー(及川光博さん)などなどなど。ふー。

しょうしょう難解なストーリーではあるけど。暴力と愛は、もしかしたら紙一重なのかもしれない。
とちょっと思ってしまったりして?

Posted by K@zumi

シン・シティ

シン・シティ [Blu-ray]
シン・シティ [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.01.06
ギャガ (2015-12-23)
売り上げランキング: 27,082

アメコミ界の鬼才、フランク・ミラーとロバート・ロドリゲス監督が手掛けたバイオレンスアクション。3人の男たちが繰り広げる復讐劇を独特の映像美で描く。ブルース・ウィリス、クライヴ・オーウェン、イライジャ・ウッドら豪華キャストが共演。


フランク・ミラー原作のコミックを今どきのデジタルテクノロジーを駆使して、雰囲気をそこなうことなく忠実に映像化した作品なのだそうです。
原作は読んでいないのだけれど、そのあり得ないくらいの映像をみるかぎりきっとそうなんだろうなあ、あのタランティーノ監督が興奮するくらいだもの。と思う。人間の考えだす技術ってかぎりなくすごい。

"罪の街" シン・シティで繰りひろげられる無頼漢たちのバイオレンスな生き様をハードボイルドに。ぴりっとシニカルに。ときにナンセンスに描ききった力作。
過激な暴力シーンやまんがチックな殺戮シーンがどっさりあるにもかかわらず映画からあたえられる印象は、なぜか甘くしっとりとノスタルジック。
そして根底に流れるのは、韓流ドラマも舌を巻くほどのぴゅあで切ない「純愛」
真実の愛のためなりふりかまわず突き進み、ありとあらゆる苦難をしりぞけ、闘うことでしかみずからの正義をつらぬけない三人の男たちのつらく哀しい物語。

全体に疾走感あふれるモノクロームのスタイリッシュな映像なのですが、ポイントポイントで印象的な色彩(ドレスの深紅とか)がすっとさされていて、それがものすごおおく非現実的な世界と芝居じみた大げさな演出とあいまってとても洗練された、ファンタスティックな効果をかもし出してるように思いました。
特殊メイクもすばらしく、そこに俳優さんたちが見事に生命をふきこんでいてそれぞれのキャラクターがもう素顔では考えられないくらい(?)ビシッと決まりまくっているのだ。

特に印象ぶかかったのが、ミッキー・ローク。
ボクサーというよりレスラーといった強靱な肉体と誰もがおそれる醜悪なマスク。
ゴジラなみの破壊力と、そのずうたいからは想像もつかないくらいの俊敏さと、するどいナイフのような冷徹さと、でも浪花節的純情一直線なところがきゅ~ん。
心に咲いたたった一輪の花のためにここまでするか!?っていう究極のロマンを圧倒的なアクションと俺様流道義でもってカンペキに自己完結してくださいました。

そして、おぞましいサイコキラー(セリフなし!)を演じた、イライジャ・ウッド。
いっけんおやおやという感じのキャスティングにも思えるんだけど。でも、おさない顔立ちと愛くるしい瞳で、まるで邪気のない天使のような清らかな風貌と身の毛もよだつような禍々しくて猟奇的な一面というのは案外するっとリンクしてしまうわけで。

他にも書きかけたらキリがないくらい、魅力的ですてきな役者さんぞろい。
ほんとうに贅沢なキャスティングでとおおおってもクールで刺激的な作品でありました。

Posted by K@zumi

ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT

劇場版 ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT [DVD]
バンダイビジュアル (2010-01-27)
売り上げランキング: 24,232

ウルトラマン誕生35周年、円谷英二誕生100周年を記念して作られた新世紀ウルトラマン“コスモス”TVシリーズ放映開始に合わせた劇場版。宇宙では地球侵略を目指すバルタン星人と、阻止しようとするコスモスの壮絶なバトルが繰り広げられていた。


ぐうぜんTVで「ウルトラマンコスモス」の劇場版を見てしまいまして。
赤井英和さんがこれ以上ないくらいにお約束の熱血警官役でご出演。
舞の海だって負けじと科学特捜隊員役でがんばっておられました。ほほ。

そのときは娘さんと一緒にみていたのだけれど、そのあまりの昭和な雰囲気(時代設定ではなく)に甘く胸をつまらせつつ、でも決してぬるい感慨にひるむことなく。
果敢に激しい愛ある突っ込みの嵐をいれまくる二人。 ブラウン管に広がる壮大なロケーションに心から酔いしれる二人。 そしてせつなく涙を流すバルタン星人にしんみりとなるおばかな二人。

また、今回あらためて発見したわけなのですが。それはコスモスは普段はブルーのラインのクールなボディなんだけど、本気モードに入ったときは従来通りの赤いラインに変身するのだということ。
TPOによりちゃんと勝負スーツに着替える(?)ところがなんとも斬新。

子どもらしい思いやりや友情や信じる気持ちやあきらめないまっすぐな勇気やらがキラキラとたくさんつめこまれた、ぴゅあなストーリー。
全然リアルじゃないミニチュア丸出しのビル。作り物感あふれる木々。ピアノ線が見えちゃうよ~!と思わず手に汗にぎってしまいそうな戦闘機たち。でもって、やっぱり怪獣は正しく着ぐるみだよなぁ。間違いない。
こうでなくっちゃダメなのよ。円谷は。愛すべき、僕らのウルトラマンは。

たしかに『ジュラシック・パーク』のようなSFXもすばらしいんだけどね。
あたたかい血の通ったウルトラマンは、やっぱり偉大なのです。

Posted by K@zumi

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣 [DVD]
日活 (2009-07-10)
売り上げランキング: 187,227

フランス史における最大の謎を映画化したアクションエンタテインメント。
18世紀のフランス・ジェヴォーダン地方で、女と子供100人以上が姿を消し、発見された死体には野生動物のものと思われる無惨な傷跡が残されていた。野獣か、それとも呪いか…。


まず、「これ、カンフー映画だったけか…?」という素朴な問いかけから。

アクションがもうバリバリ香港なのね。
フランスのエスプリとワイヤーアクションとのあまり意味が見いだせないコラボ。(それはタイトルからしてすでにネタばれ感の『ヴィドック』にも共通する)これはもはやミステリアスなゴシックロマンというよりもサバイバルなカンフー映画として鑑賞するのが正しいようです。

インディアンのマニ役のマーク・ダカスコスという屈強で寡黙な戦士がちょっと渡辺裕行さんに面影が似ててすてきでした。なのに気の毒な最期で切なかった…。

しかしだ。
前半はどう見ても優男風だった主人公が、後半はめちゃくちゃ強いのですね。もう、戦う。戦う。
メイクなんて『プレデター』か『プラトーン』並み。
またしても「これ、いったい何の映画だったけか?」のおさらいなわけです。
こんなに強くて、しかもこんなにバッチリ戦術を心得てるのなら、なぜ最初からおまえが行かないのだよ!?というお約束はぐっとこらえて。

敵役のおにいさんがどこかで見た顔だなあと思ってたらば、そうそう『クリムゾン・リバー』での尖った刑事さんだったのだ! 今回もイッちゃってる瞳とアナーキーな役所がとってもお似合いでした。

それにしても肝心の獣がぁぁぁ!!!!!(あれでイイのか)

わたしの中のフランス映画に対するイメージが崩壊する一本でございました。

Posted by K@zumi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。