スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙あふれるアニメ『聲の形』






今週末、9月17日(土)全国ロードショー です。

今をときめくあの 新海監督 も試写会におみえになって、絶賛 してくださったそうです。

てことで、ぜひ劇場へ足を運んでやってください。


どうぞよろしくお願いいたします(・ω・)ノ

(一週間固定にさせていただきますねー)

スポンサーサイト
Posted by K@zumi

攻殻機動隊 25th Anniversary



今朝出勤したら、二階踊り場の真正面にどどんとこのポスターが。

ほほう。サイバーとタイアップしたのね。やるやん、JC3。
そーかー。『攻殻機動隊』ももう25周年なのねー。
それでもちっとも色あせず未だにコアなファンからは神のように慕われ続けている稀有な作品。

ああ、少佐。かっこイイわ……
てことですぐさま写メとるわたしもかなりヘンな人です。

このあと例のハンチョウと今回はブチョーまで巻き込んでのがっつり攻殻トーク。(いいのか)
わたしはまだこの沼に足先をほんのすこし沈めただけなのでまだまだ赤ちゃんなのですが
おふたりは当然のごとくコンプリート済。

「キャラでは誰がイイですか?」とか(お仕事しなさいよ!)ミーハーな話題から
わたしにはまだよく分かんないのですが、いろいろディープなお話を拝聴して
(荒巻課長はすげえ、で大盛り上がり♪←だからお仕事しなさいってば!)
ああ、ほんとうにヲタクな方々に囲まれているとみっしりと幸福感に包まれるわ~

実はワタクシ、ハードボイルドはじゃっかん苦手なのですが
でも骨太なストーリーにそれすらも気にならないくらいのソーゼツな魅力がある。
うかうかしてると底から差しのばされたその手を疑わずつかみそうになる。

ただし、この沼は限りなく深いようす。おそらく底なしだろう。
調子に乗ってずぶずぶと沈みこんだら、容易には浮上できないかもしれない。
自重しないとエライ目に遭う気がします。くわばらくわばら。

あいすくりーむ

hyouka.png

<古典部>シリーズ中、わたし的にいちばん気に入っている
『愚者のエンドロール』の回(第11話)までいっきに鑑賞。ふう。

やー。わたしは京アニさんを少し誤解してましたね。
この作品、ほんとうに良くできています。
もちろん原作がかっちりしているところもありますが、作画のクオリティもひじょうに高く
リリカルな映像とおしゃれな演出、そしてほろ苦い青春のスピリットがぎゅうと詰まった
たいへん見応えのあるアニメに仕上がっていると思います。
はい、親ばかでもなんでもなく。

やっぱりスキですね。甘酸っぱい青春ミステリは。
わたしはいくつになってもこんな風な甘い痛みをともなう瑞々しい物語を
いつまでもおもしろく思える自分でありたいと思っています。

はー。もう。これでいちおう満足なんだが(コラ)
ソコだけでも見てくれと懇願されていた「えるちゃんの振袖」のシーンは
やっぱ見といてあげないとダメでしょうね~
現場は死ぬほど苦労したらしいので(´Д`)


ええと、何話だっけか…?

響け!ユーフォニアム



TVアニメ『響け!ユーフォニアム』2015年4月より放送開始予定!

《すみません!ちょこっとのあいだプロモーションさせてください!》

母にはブラバンと吹奏楽の違いがいまいちよくわかりませんが。
これは吹奏楽部での活動を通して少女たちの心の成長を描いた青春エンタメだそうです。

 # おぢさんたちはスルーしてもらっていいですからね~

今回のキャラデザ手掛けてるかたは、二児のおかあさんやりながら娘の部署の部長もされてるかたで
めちゃ仕事できて彼女もとても尊敬してるみたい。(むろん、お仕事にはどえらい厳しいと

田舎のほうはじゃっかん放映があやしいんだけど(オンエアの詳しいことまだちょっと分かりません)
都会はだいじょうぶなのでよろしければご覧になってくださいませ♪♪♪



ええと、ついでですが3月&4月に映画もやります。
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-』 http://anime-kyokai.com/
こちらも併せてどうぞよろしくです!

(…と、またしてもこんなマイナーな場所でこそっとつぶやいておきます)

Posted by K@zumi

氷菓



この作品から名前がクレジットされるよ~とメールあり
よかった よかった

それにしてもえらい百合なEDやなあ…
Posted by K@zumi

けいおん!劇場版予告編



こんなんらしい。

公式サイトでも見られるし、松竹系のをみると流れるみたいですよ。
Posted by K@zumi

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD]
崖の上のポニョ [DVD]
posted with amazlet at 16.01.06
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 2,473

宮崎駿監督がアンデルセンの「人魚姫」をモチーフに舞台を日本に移し、幼い子どもたちの愛と冒険を描いたファンタジーアニメ。崖の上の一軒家に住む少年・宗介に助けられたさかなの子・ポニョは、やがて人間になりたいと願うようになり…。


ものすごくささいなことなんですが、コクハクしちゃっていいですか?




『崖の上のポニョ』のポニョって、、、




諸星大二郎先生の『栞と紙魚子シリーズ』にでてくる

クトルーちゃんに似てませんか?



   (わっ。ゆっちゃった!)

この、
宮崎駿信者にけんか売ってるような発言はおおやけにはできませんが。
ママが不気味なくらい巨大なところも、びみょうに共通点あり。

ちなみに、わたしのこれまでのジプリアニメのなかで一等すきな作品は、「ナウシカ」や「トトロ」をさしおいて意外にも『ハウルの動く城』なのであった。

Posted by K@zumi

イノセンス

イノセンス スタンダード版 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2004-09-15)
売り上げランキング: 2,099

鬼才・押井守監督が手掛けたアニメ。情報ネットワーク化が進んだ社会で、コンピューター犯罪やサイバーテロ等の犯罪の芽を探し出し除去する内務省直属の独立部隊・公安9課、通称「攻殻機動隊」。そこで活躍してきた男・バトーは、少女型の愛玩用アンドロイドが所有者を殺害するという事件を追っていた。そして極東の北端、択捉へと向かったバトーの目の前にかつての上司、草薙素子が姿を現す…。


リベンジです。

前回意味不明だったので、2回見てみましたが、やっぱりわけわからんです。

とゆうか
こーゆーのは理解しようとして見るとあかんのですってね。(娘:談)

そもそも本家(攻殻機動隊)を未見でいきなりコレ、っていうのに無理があるモヨウ。

ただ、金かかってんなー。とゆうのは分かります。
ジプリとはまた一味違って、絢爛豪華で独特の世界観がびっしりつまった
くらくらするほどのまばゆい映像美を堪能できます。

これ、スクリーンで見たらめっさ感動するやろなあ。

Posted by K@zumi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。