K's Diary

時はわたしに めまいだけを残していく

Entries+Comments

死呪の島 

サ行 | 雪富千晶紀 

死呪の島
死呪の島
posted with amazlet at 16.01.05
雪富 千晶紀
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 288,244

伊豆諸島の東端の須栄島。高校生の打保椰々子は島民たちからなぜか“呪われた美少女”として避けられていた。彼女はある日、「災いが来る」という不穏な預言を聞く。それを皮切りに島では謎の怪異が続発することに。客船の沈没、頭部の欠けた死体、老婦夫刺殺事件、人喰い鮫、海から這い出してくる大量の死者…。次々と死人が出る事態に恐れ慄く島民たち。そんななか、椰々子に好意を寄せる同級生の杜弥は、被害者すべてが彼女の関係者だと気づき…。


初トラックバックなので、いろいろとまごついてます。
わたしの感想よりSouさんのレビューのほうが的確かと思いますので、ぜひそちらも併せてどうぞ。

彦摩呂さん的にいうと 「ホラーのテーマパークやー!」
てことになるかしら…ぁ?
選評でユキトも語ってますが、まさに”ホラー愛”に満ちた力作となっております。意外と骨太な作品。
ただ愛がありすぎて、あれもこれも、ああこっちも捨てられない、ついでにそっちも入れとくか!ってな具合に、さまざまなエピソードがてんこ盛りになっていてちょっとばかし落ち着かない感もあるでしょうか。
でもすごーーーく分かります、そのキモチ。
わたしも分ければ三つくらいエントリーできるものを詰め込み過ぎてわけ分からん記事にしてしまうことが往々にしてあるので。

ホラーの王道を脇目もふらず爆進する潔さ、あまり真面目にミスリードしようとしていないところ(土曜ワイド劇場ばりの伏線のはり方。あまりにあからさまなので逆に裏読みしそうになる)、中学生くらいの子がたぶんダイスキであろう”呪いVS呪い”あるいは”ゾンビVS村人”の壮絶なバトル、しかもその呪いたるやはるか異国のブードゥー呪術まで巻き込んでの壮大なかなりの力業。
一貫したひとつのストーリーであるにもかかわらず、そのなかに違った趣の怪異やモダンホラー的な現象がふんだんに盛りこまれているので(またそれらがひじょうにコンパクトにうまくまとめられていて)、ひと袋で二度、いや三度、四度?おいしいバラエティパックのような物語に仕上がっているところも本作の魅力のひとつのように思います。
そして多方面から小出しにされてきたバラバラの情報が、ラストに向けて一気に集約していくさまは心地よい高揚感があり、重要人物のわりにはこれまでめちゃくちゃ地味だったヒロインにもようやく脚光を浴びる時がやってきて、終盤はまるでディズニーアニメのようなスペクタルが繰り広げられます。

また、こんなにいろいろと大変な目に遭ってしまう主人公たちなのですが、物語を通して全体に流れている空気というのがなんとも現実感がなく、それほど逼迫した悲愴感もなく、ある意味ノー天気。
ここで思い出すのが、あのB級映画の名作『トレマーズ』の空気感。
まああそこまであっけらかんとはしていませんが、血みどろぐちゃぐちゃのホラーにしてはどろりとした厭らしい粘着感もなく、嗚咽しそうなほどのおどろおどろしさもなく、どっちかっていうと甘酸っぱい青春小説にもとれなくもないくらい。
イイですねえ、この辺のスタンス。最後はLOVEですよ。誰が何といおうと。

わたし個人としては、この作家さんの今後に大いに期待しています!次回作がひじょうにたのしみ。

関連記事
19:17 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

コメント

TBありがとうございました。

坊主とVooDooが同居するホラーというのも、かなり勢いあまった感じですが、うん、気持ちはわかります。
ヒロインは、たしかにやや影が薄いです。
もう少し意地が汚かったり、気が強かったりするのが現代風なのでしょうが、たまにはこういう正統派薄幸美少女というのもよいものですね。

Sou #KsYZ8hN2 | URL | 2015/05/14 23:06 * edit *

Souさん

> TBありがとうございました。
>
 こちらこそ!
 たったこんだけのことなのに、まったくうまくいかなくて
 なんかSouさんとこのコメント欄がチャットみたいに(な、なつかしい!)
 なってしまいましたね。
 あほやーーー。

> もう少し意地が汚かったり、気が強かったりするのが現代風なのでしょうが、たまにはこういう正統派薄幸美少女というのもよいものですね。
 
 はい、そこはかとなく昭和を感じました。
 やっぱ落ち着きますねー。こういう昭和っぽいホラー。
 
 で、ここでちょっとネタバレ(なのでよい子は反転しないでね)

 わたしにとっては、彼女がずうっと村民から無視され続け、孤立し続けていたのは
 「神とおいそれと口をきいてはいけないから」とゆー理屈だったことが衝撃ポイントでした。
 なんじゃそれ。あまりにも一方的過ぎて椰々子、気の毒すぎるし。


 ところで、話かわってSouさんにお願いなのですが
 清水玲子さんのコミック『秘密』を一度読んでみてくれませんか?
 これ、レンタルするときめっちゃ恥ずかしいと思いますが(あの表紙だし)
 それはよおおおおくわかるんですケド、ぜひに!お願いします。
 そして、男性目線からの率直な感想を聞いてみたい。
 わたしの違和感にも答えて欲しい。Q&Aしたいことがいっぱいあるので!(>_<)

 急がないから。

K@zumi #pULoeKa6 | URL | 2015/05/15 20:18 * edit *

了解、「秘密」読んでみます。

たしかに、画はあまり男性受けしないタイプの女性漫画かも知れませんね。
もっとも、質問に答えるには、本が手元にあるときでなくては難しいかも、ですが。まずは試してみます。

Sou #KsYZ8hN2 | URL | 2015/05/16 18:25 * edit *

やったーーっ!!

> 了解、「秘密」読んでみます。
>
 わーい!ありがとうございます!\(^O^)/
 わたしはこれまでのSouさんの感想でハズレを感じたことないので
 かなり信頼しています。(と、さりげなくプレッシャーをかける)

 とはいえ、そこにはSouさんの不得意分野も含まれているかもしんないので
 しょうしょう困らせてしまうことになるかもしれません。
 ごめんなさい!(先に謝っときます)

 内容自体はとても少女マンガとは思えない興味深いサイコサスペンスなので
 期待していただいてイイと思っています。

> たしかに、画はあまり男性受けしないタイプの女性漫画かも知れませんね。

 すみません、ほんとハズカシイ思いをさせて…( >Д<;)

K@zumi #pULoeKa6 | URL | 2015/05/16 20:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://honey64.blog90.fc2.com/tb.php/1118-669fc954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)