十三回忌

十三回忌 (双葉文庫)
十三回忌 (双葉文庫)
posted with amazlet at 17.03.25
小島 正樹
双葉社 (2013-07-11)
売り上げランキング: 349,351

自殺とされた資産家夫人の不審死。彼女に呼び寄せられるかのごとく、法要のたびに少女が殺される。一周忌には生きながら串刺しにされ、三回忌には首を持ち去られ、七回忌には唇を切り取られていた。そして迎えた十三回忌、厳戒態勢の中、またもや事件が起きた―。巧みな謎と鮮やかな結末に驚愕必至の長編ミステリー。


年忌法要がおとずれる度に少女が死ぬ――
一周忌には串刺しに、三回忌には斬首され、七回忌には唇が切り取られる。

中でも一周忌の少女が超ヒサン。生きたまま串刺しにされるとかヴラドかよ?
まだ肛門からじゃないだけ救われる。救われないか。

意外な犯人もさることながら問題はそのトリック。

「アクロバティックすぎるやろっ!」

どんだけ運に恵まれてるんだ犯人!警察これで納得してほんまにええの?と心配でわらわらしてしまう。

人里離れた豪邸。胡散臭い人々。猟奇的な連続殺人。驚愕のトリック。
イイですねえ。目がハートですよ。人物が描けてないとか、この際どーでもええやないですか。

「いいぞ、モットヤレ♪」

関連記事
Posted by K@zumi

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する