水族館の殺人

水族館の殺人 (創元推理文庫)
青崎 有吾
東京創元社
売り上げランキング: 165,645

夏休み真っ直中の8月4日、風ヶ丘高校新聞部の面々は、取材先の丸美水族館で驚愕のシーンを目撃。サメが飼育員の男性に食いついている!警察の捜査で浮かんだ容疑者は11人、しかもそれぞれに強固なアリバイが。袴田刑事は、しかたなく妹の柚乃に連絡を取った。あの駄目人間・裏染天馬を呼び出してもらうために。“若き平成のエラリー・クイーン”が、今度はアリバイ崩しに挑戦。


実は前作の記憶がほとんどないんだけど大丈夫かな?と思いつつ読了。

ミステリドラマ一般において警察が無能という設定はもはやテッパンではあるのだけど、、、
個人的にはしょうしょう切ない。まあおもしろいから良いんだけど。

事件解明にあたり、消去法によって着実に犯人を絞り込んでゆくところはまさに圧巻。すげえ。
これだけ蟻の這い出る隙もないほどの理詰めでやられたら、犯人ぐうの音も出んね。
もしもわたしがヤツだったら凍てつくような恐怖と緊張感で失神してしまいそうやわ。

ラストで天馬の口から語られる殺害の動機は、物語の軽快さとは裏腹に
苦い毒がありすぎて気持ちがざらついた。

関連記事
Posted by K@zumi

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する