スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絡新婦の理[全4巻]


舞台は戦後まもない日本。聖ベルナール女学院に潜む、背徳の集団による呪いの儀式。世間を震え上がらせる連続殺人鬼・目潰し魔。二つの事件の陰で糸を張り巡らせる〝蜘蛛〟の正体とは? 京極堂、榎木津、木場ら、人気キャラクター総出演でおくる傑作ミステリがついに漫画化!


『魍魎』『狂骨』『姑獲鳥』ときて、ついに『絡新婦の理』だ。
原作ファンからも信頼の厚い志水センセイの百鬼夜行<京極堂篇>シリーズ第4弾。
完結本が出てから一気読みしようとずうっと温め続けていたとは、健気で我ながら泣ける。

『絡新婦』といえば、やはり冒頭での桜吹雪のシーンが印象的なのですが、
コミックでは残念ながら構成が変更されておりました。うわあ。マジか。
なんとも幽玄でドラマチックな演出だっただけに、ちょっぴり寂しい。
つか、京極堂の容貌が前作よりさらに邪悪になってきてほぼ妖怪化してるんですけど…ぉ?

それにしても、ここの中学生は発育がええのう。
しどけないバスローブ姿からのぞく夕子さんの豊満な谷間はとても十三歳にゃあ見えんゾ。
そして青木さんのパジャマがりんご柄だったのがなにげに萌えた。かわいい。
また降旗さんのジゴロ?ぶりがみょうに哀愁があってかっこよく見えるフシギ。
増岡弁護士と京極堂との会話シーンもコミカルで楽しい。彼(増岡さん)ってこんなキャラだっけ??

しかしちょっと油断するとすぐに目潰し魔と絞殺魔がコンランする。ううっ。脳内カオス。
グレートな志水センセイはご遺体の描写にも容赦がない。
それは男だろうが女だろうが、たとえうら若き乙女であったとしても。ある意味平等。
鼻水やヨダレどろどろ垂れまくりで小夜子ちゃんじゃっかん不憫。

益田さんはさすが元刑事なだけあって冷静な物腰で聴取がお上手。たいへん優秀でございます。
そしてエノさんはオイシイところを持っていく。
でもって京極堂のトホホな巻き込まれ感はやっぱりツボ(*´ω`)

満を持した最終巻はまるまる一冊すべてが謎解きの回。それでもまだ足りない印象。
原作を知っていても大概やのに、未読だったら理解が追いついていかなかったかも(それはおまえがアホだから)
それほど濃厚な最終巻でございました。人もあり得ないくらいばたばた死んだし。

彼女たちが死んだ理屈はわかったけれど、死ななければならなかった理由はわたしにはよくわからない。
原作でも思ったが、ジェンダーに翻弄されあまつさえ実父の手にかけられた葵がやはり憐れでならない。
ただ(コミックでの)茜にはフシギなほど何の感情もわかなかった。

関連記事
Posted by K@zumi

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。