K's Diary

時はわたしに めまいだけを残していく

仮面山荘殺人事件

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 9,995

八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。


だまされた!なんとソッチでしたか!?
だーっ。実はイイ線いってたんですよ。
わたしにしては珍しくメインのカラクリには気がついたのです。そ、それなのにぃぃぃ、、、
うう。くやちい。

ミステリファン垂涎のお約束な舞台装置に仕掛けられた、ひと味違うクローズドサークル。
ドラマチックな演出とは裏腹に、行き場のない悲しみや苦い想いが募るそれぞれの終焉。

サスペンスフルな展開と華やかなどんでん返しは映像映えしそう。
ぜひ舞台演劇で鑑賞してみたい気持ちでいっぱいになる。
さすが東野さんの本は読みやすいですね。夢中になって一気読み。
まさしく『仮面山荘』殺人事件でございました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honey64.blog90.fc2.com/tb.php/1665-6be5e6b1
該当の記事は見つかりませんでした。