K's Diary

時はわたしに めまいだけを残していく

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!
ハケンアニメ!
posted with amazlet at 17.04.26
辻村 深月
マガジンハウス
売り上げランキング: 27,679

伝説の天才アニメ監督王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサー有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と人気プロデューサー行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ネットで話題のアニメーター、舞台探訪で観光の活性化を期待する公務員…。誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び、新たな事件を起こす!


辻村さんのアニメに対するハンパない愛を感じて、
その愛の深さに感動しつつもちょっとたじろぐ。
でもここまでファンにホレ込んでもらってるお仕事なんやなあ。
と、過酷な業務でヘロヘロにながらも懸命に働く娘を知っているだけに思う

「ありがとう!辻村さん!」

この小説には多分にアノ業界への作者のあらゆる憧憬や妄想がキラキラと詰まっていて
文字の向こうにクオリティ高く彩色された二次元ワールドが広がる。

泣いて笑ってきゅんとして、
たとえ肌ボロボロの着た切り雀でも戦う彼女たちは逞しいヒーローなのだ。


“どうしてアニメ業界に入ったんですか?”
という問いかけからそれぞれの物語は始まるわけですが。
彼女たちは一様に「アニメが好きだから」と答えます。

「なんでアニメやの?」
これは同じくわたしも娘に云った言葉。
それに対して彼女の答えはやっぱり
「うちはアニメが好きやねん」

納品の十五分前まで手直しが入るソーゼツな現場で、
今日も彼らは戦ってるんだろうな。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honey64.blog90.fc2.com/tb.php/1681-5f6d7d18
該当の記事は見つかりませんでした。