K's Diary

時はわたしに めまいだけを残していく

綺譚集

綺譚集 (創元推理文庫)
津原 泰水
東京創元社
売り上げランキング: 374,807

天使へと解体される少女に、独白する書家の屍に、絵画を写す園に溺れゆく男たちに垣間見える風景への畏怖、至上の美。生者と死者、残酷と無垢、喪失と郷愁、日常と異界が瞬時に入れ替わる。―綺の字は優美なさま、巧みな言葉を指し、譚の字は語られし物を意味する。本書収録の十五篇は、小説技巧を極限まで磨き上げた孤高の職人による、まさに綺譚であり、小説の精髄である。


もしかして、わたしの方が狂ってる?

あまりにグロテスクであまりに不条理で奇妙で悪夢的で、
でも端正で清冽で月の雫のようにしとしとと美しい文章に
「もしかしてこっちの世界の方が正しいのかしら」と錯覚しそうになるし。

ああ、キケン。

背中もお尻もこそばゆくなる不安定なぞわぞわ感。
深く覗きこむと連れていかれそうだ。

無垢と残酷が優しく同居する、津原さんは恐い作家さんやと思う。
頭の中が砕かれないようにちょっとずつちょっとずつ読む。
でないと艶やかに解体された少女の姿に見とれてしまいそうになるもの。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honey64.blog90.fc2.com/tb.php/1687-dbcb744e
該当の記事は見つかりませんでした。