スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月に読んだ本のまとめ

4月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:366
ナイス数:102

猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 (幻冬舎文庫)猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 (幻冬舎文庫)感想
ちょんまげ版『そして誰もいなくなった』(つうか、展開がスピーディーで被害者の悲鳴が轟くあたりは、わたしとしてはちょんまげ版プチ『13日の金曜日』の感覚)として、とおおおっても楽しく読ませていただきました。ミステリファン垂涎ものの魅力的な謎がいやにあっさりと解明されて、わたしが犯人だったらあれほどの恨みと執念で周到に計画したのに「そりゃナイよ!」って感じですが、それ以上に主人公が慧眼だったってことで。彼の探偵譚をもっと読みたい気持ちが高まりました。
読了日:04月25日 著者:鳴神 響一

読書メーター



もはやまとめでもなんでもない、たった一冊しか読んでません。

やー、4月は忙しかったもんなあ。ほんま。
10年ぶりにPCも買い替えたし。ようやくWin10ですよ。

快適なPCライフかと思ったけど、7のほうが良かったよなあ。いといろと。
なにはともあれ、今月はもうちょっと読めそうや。

昨日、秀樹の訃報を聞いて、トップアイドルのころをよく知っているだけに
旧友が亡くなったような切ない喪失感を味わってます。

関連記事
Posted by K@zumi

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。